MENU
 

口臭がある子供に対して

口臭は、自分では分からないものです。

 

子供が他人に「口が臭い」と言われれば自分では気づかないので、
精神的ショックを与えたり、口臭が出てないのに口臭があると思い込んでしまう場合があります。

 

 

子供が口臭を気にしてる場合は、歯医者など治療を受け、その後親が子供とよく話しをしましょう。

 

口臭がしてない時は「今、お口のにおいがないよ」と言ってあげたり、口臭がないことをほめてあげたりしましょう。

 

口臭がある場合は、口臭の具体的な原因を伝えてあげましょう。

 

歯磨きが出来てなかったら歯磨きが出来てないことを指摘したり、
病気で口臭が出てる場合は、早く病気を治せば口臭が治ることを伝えるなどです。

 

 

口臭を引き起こさないようにするのは、親が子供の時から歯磨きの習慣化することを教えること。
口の中をきれいにする正しい知識・口臭の原因の知識が必要です。

 

口臭治療は小さい子供でも必要か?

最近では、小児の口臭を気にして病院で治療される方が増えました。

 

口臭の治療も大切かもしれませんが、子供に対して1番注意しなければいけないことがあります。

 

それは、子供に対して口臭があるということについてプレッシャーを与えないことです。

 

子供にとって口臭があるというプレッシャーは、ストレスになり全身の体にも影響を与え病気になる可能性があります。

 

また子供が成人をした時、口臭の1番大きな問題、自臭症になる可能性があるのです。
子供治療の場合、精神的ストレスのフォローも大切になります。

 

口呼吸が原因の場合

子供さんの口臭がある場合は、すぐに小児歯科・小児科・耳鼻科を受診し、相談してください。
早く鼻呼吸にしないと将来的に問題が起きる可能性もあります。

 

口呼吸のままだと口臭は悪化するばかりで、治ることは決してありません。

 

口呼吸は幼児期の口臭の最大の原因

幼年期に口呼吸をしてると、口の中が乾燥し自浄性が低下します。

 

そのために口臭が発生します。

 

 

口呼吸で起きる病気は口の中だけでなく、耳鼻科系の器官の発達も未熟になり、将来慢性的な耳鼻科アレルギーになったり、アトピーになったりします。
これらの病気は、簡単には治りません。

 

幼児期の口呼吸をやめさせるように、親が気をつける習慣をつけましょう。

スポンサーリンク

 

口呼吸の治しには

口呼吸を止めて鼻呼吸にするには、小児歯科でご相談してください。
鼻呼吸に転換する器具を使ってリハビリをするなど専門的治療があります。

 

子供が急に口臭が気になってきた場合

子供の口臭は、歯科的要因で口臭になります。

 

歯科的要因の場合、歯磨きの不十分で口臭が起きます。

 

 

歯に歯垢がたまり、時々単純性歯肉炎を起こします。
この場合、歯を磨くと出血します。

 

そのほかに考えられるのは、広い範囲で虫歯になりずっと放置されてる場合です。

 

 

数本歯が炎症を起こしてる場合でも口臭になります。
歯科医に行って治療をしてもらいましょう。

 

耳鼻科的、呼吸器系の疾患の可能性もあります。

 

歯科で解決しなければ、小児科の病院に診てもらいましょう。
小児科の先生に診てもらい、悪いところが見つかったら治療をしてもらいましょう。
口臭の原因の元を治せば、口臭も治ります。

 

乳幼児の口臭

最近、3歳にならない子供の口臭の悩みを持ってるお母さんがすごく増えてます。

 

何故乳幼児に口臭が起きるのでしょうか?

 

それは、3歳までに重要な舌・口輪筋の機能を鍛えてないからです。
口輪筋は、鼻呼吸をするのに重要な役割をします。

 

その口輪筋が未熟で早くから口呼吸を覚えてしまってるために、口臭がしてしまうのです。
鼻呼吸に重要な口輪筋の完成は3歳ごろと言われてます。

 

 

子供の口臭には舌が原因の場合も

小さい子供に口臭があるのを悩んでいる親は、結構 いらっしゃいます。

 

口臭原因になる、虫歯の治療をしても治らない、舌が原因ではないかと思い、舌を舌磨きようブラシを使って何度も磨くといったことをする親御さんもいると思います。

 

しかし、これは間違った治療方法です。

 

 

舌を舌磨き用歯ブラシで何回も磨くことは決してしてはいけません。
確かに、口臭の原因は舌の汚れかもしれませんが、小児の舌の表面の粘膜は非常に繊細に出来てます。

 

舌の掃除のしすぎは、舌の表面に傷をつけ(舌乳頭を傷つける)、その結果唾液量が減り、口の中が渇いたり過敏に悪化していきます。

 

 

また、唾液の質の低下も考えれます。
このため舌を掃除した結果、口臭が解決しないばかりか、さらに口臭を出す原因を作ってしまいます。
また、小児にとって舌を刺激しすぎると、味覚障害を起こしたり口腔内の癌を誘発恐れがあるので、舌を磨くことは止めましょう。

 

最近の子供の舌の機能の低下原因

最近の子供は、舌の機能が低下してます。

 

昔の子供は、お母さんのおっぱいを吸ったりおしゃぶりを与えられたりして、歯で噛む道具で遊ぶ子供が多かったからです。

 

今では、おしゃぶりを与えられてる子供を見ることがほとんどありません。
何故なのでしょうか?

 

不潔だと言う考えがあるのかもしれません。
しかし、子供の成長過程において、おしゃぶりが口臭予防になる可能性があることも理解しておきましょう。

 

舌の機能 低下・口輪筋の機能 低下を防ぐ方法

口呼吸が危険だということ、その原因が口輪筋の低下だということが分かったと思います。

 

 

口輪筋・舌の機能 を鍛えるにはどうしたらよいのでしょうか?

 

成人の生活習慣は、3歳までに基礎が出来ると言われてます。
いかに3歳までに生活習慣をきちんと教育出来るか、食生活習慣がいかに大切かが分かると思います。

 

口輪筋を鍛えるために、3歳までの子供に、笛を吹く遊び・ハーモニカを吹く遊びなど口を使った遊びを教えれば口輪筋は鍛えることが出来ます。

 

3歳までの子供自ら正しい生活習慣は分からないと思いますので、ご両親の生活習慣の教育は非常に重要です。

 

口臭でいじめ

「口が臭い」と言われいじめられる子供がいます。

 

そういう子供は精神的ダメージが大きく、これから思春期を迎えますが、大きく影響するでしょう。
もちろん口臭を治すことは大切ですが、いじめは、本当に口臭がしてたから起きたのでしょうか?

 

 

実際、口臭がしてるけどいじめられていない子供もいますし、人気者の子もいます。
もちろん、お子さんの性格・環境によりますが、親御さんとしては心配だと思います。

 

お子さんの口臭がずっと出てるようなら、小児歯科・小児科・耳鼻科などに相談して早く治したほうがよいでしょう。

 

口臭でいじめに合った時の親の対応

「口が臭い」などと言われ子供がいじめられる場合、口臭の他にも原因がある場合があります。

 

口が臭いだけでは、いじめは起きないという公式見解もあるほどです。
口臭だけに限りませんが、親が学校に対して子供がいじめられてるかもしれないことを伝えて、いじめの本当の原因を解決させる必要があります。

 

学校でいじめられてることをしっかりと伝えれば、学校もきちんと対応してくれると思います。
いじめが解決するまで、学校と親が密に連絡を取ることが大切です。

 

口臭によるいじめのケア

最近子供の精神的ストレスは増えてます。

 

「口が臭い」といじめを受けた子は、いじめがなくすとそれが終わりでなく、いじめに受けた精神的苦痛が残ります。
これから思春期を迎え、成長して成年になるまで大きな影響を与えてしまいます。

 

特に口臭のことを指摘されいじめを受けた場合、これから人間の個性を確立していく精神的成長に直接影響があることでしょう。
そこで、子供の心の問題を解決する専門医、心療内科で心のケアをした方がよいでしょう。

 

子供が朝起きたときに口臭がある

子供が朝起きた時に口臭がある。と感じた悩んでいる親御さん。

 

 

人間誰でも、子供だけでなく朝起きた後すぐには、生理的口臭があります。
悩むことはないです。

 

 

この口臭を解決するには、朝起きてすぐに歯磨き・寝る前に歯磨き・朝ご飯食べたら歯磨き・夜ご飯を食べたら歯磨き

 

この習慣を子供につけましょう。
もちろん子供だけでなく、親が手本になって習慣を身につけましょう。

 

 

自分が口臭を持ってるので、子供にも口臭が!

最近、母親が口臭を持ってるとずっと悩んでた経験がある方が、必要以上に自分の子供の口臭を気になる方が多いです。

 

 

こういう場合、母親が異常に気にしすぎで、実際子供から出てる口臭は普通で問題ない場合があります。

 

まず自分の子供に口臭があると思った時に、第三者、父親・おじいちゃん・おばあちゃんににおいを確かめてもらいましょう。
それで、においがするようなら、小児歯科・小児科に、口臭の原因を調べてもらいましょう。

 

口臭は子供にうつる?

例え自分が口臭を持っていても子供に口臭が移ることはありません。
もちろん、口臭の原因で、口の中に細菌が増加して口臭が起きることが多いです。

 

しかし、口臭自体は伝染しないのです。
口の中の細菌が、食器を通して子供に感染することはありません。心配しないでください。

 

 

子供に細菌が感染するのか?

親御さんの口から子供に細菌が感染する場合は確かにあります。

 

しかし、感染すると言う場合は、子供の口に細菌が入って口の中で増幅しないと感染はしません。

 

 

子供の口の中でも洗浄作用がありますし、子供の場合常在細菌層が存在していて、他の細菌に簡単に感染しないシステムになっています。

 

 

また、親御さんが子供にキスしたり、同じ食器を子供が使ったりする量の細菌の数より、食べ物の方が細菌の数は多いのです。
野菜サラダなどは、びっくりするぐらい細菌がいます。

 

口臭は、感染しないのです。

 

 

おたふく風邪で口臭

一般的に、一生に1回かかるおたふく風邪。
特に子供の時になりますよね。

 

おたふく風邪になりますと、全身免疫力が低下しますので、そのことによって一時的に口臭になる場合があります。

 

おたふく風邪から出る口臭の治療

お子さんの口臭がおたふく風邪が原因の場合、おたふく風邪を治せば口臭はなくなります。

 

しかし、その後も規則正しい生活をし、歯磨きを口の中の衛生をしっかりしましょう。

 

おたふく風邪が治って、口臭がしなくなったら大丈夫だと思いますが、
念のために小児歯科に、口臭の原因がないか調べてもらうのも良いと思います。

 

自臭症は子供のときに軽い一言が!

成人になって、自臭症で悩んでいる方が多いです。

 

原因は、親が子供に対して口臭のことを軽く言って成人になったとき自臭症になるケースが実に多いです。

 

 

子供のときには、言われたことを素直に聞きますから、言葉にはくれぐれも注意しましょう。
親が子供に対して口臭を指摘した場合、絶対そのことに対して親が責任を持つことです。

 

口臭の原因は必ず何かありますので、子供と一緒に口臭を治し、口臭がなくなったらそのことをほめてあげることです。

 

安易に軽く言った言葉が、その子供の精神に病を持つことになりかねないのです。
子供の心のケアを大切にしてください。

 

口臭は、中高生ぐらいから悩み始める

中・高生の時、異性を意識しますよね。

 

このくらいの年になると、髪の毛をセットしたりファッションにも敏感になります。
中・高生ぐらいから口臭も悩みはじめる人が多くなります。

 

早い人では、小学生の高学年から悩み始める人もいます。

 

 

中学生で口臭に悩んだら

口臭に中学生で悩んだら、まず生理的口臭なのか病的口臭なのか知る必要があります。

 

まず、ご近所の歯科医に行って口臭の相談をしてみましょう。
歯科医にいって虫歯・歯周病があり、それが原因なら歯の治療をすれば口臭はなくなります。

 

 

口腔内に問題なければ、生理的口臭の可能性が高くなります
この場合、歯科医・耳鼻科に言っても治すことができません。

 

また精神的病気扱いを受ける可能性があります。

 

 

中・高生から悩む理由

口臭を悩み始めるのが、中・高生ぐらいから悩みはじめる方が多いです。

 

確かに異性を意識して、おしゃれに気を使う時期ということもあるのですが、
この時期には、体が成長して精神的にも成長し、急速に大人になっていくからです。

 

 

普段口臭のない大人と一緒で、時々体調や精神状態によって他人に不快な口臭を出す場合があるのです。
病気で起きる口臭ではなくて、生理的口臭なのです。

 

 

この時期には、人によって体臭を出す人もいます。

 

まとめ

 

子供の口臭の悩みに関しては、親御さんの心配しすぎな部分と、
歯磨き習慣を身に着けさせるのが行き届いていないとき起こることが多いですね。

 

まずは日頃のケアをしっかりおこなうことを目標に、大きな目で見守っていてあげてください。

 
スポンサーリンク