MENU
 

口臭の種類について

口臭には大きく2つに分類することができます。

 

  1. 他人に口臭を感じさせるもの(他臭)
  2. 自分が口臭を感じるもの(自臭)

 

他臭の場合の方が、「嫌だと感じる人」が多いと思いますが、(どちらも嫌かもしれませんが!)他臭は比較的簡単に治すことが出来ます。

 

自臭の場合は、人それぞれ原因が違い、人によって治し方も違います。

 

また実際に臭気はないのに、自臭があるように感じてしまうなど、
精神的な要素も強く、内科や歯科の範囲に収まらないこともあります。

 
スポンサーリンク

口臭の種類について記事一覧

他臭の種類生理的口臭や食物由来の口臭は、自然な物で病気ではありません。他臭は、体の体調が悪い時などに起こる病気です。

自臭とは?自臭は、自分にしか分からない口臭のことです。他人には、においがしません。精神的要因による物だと位置づけられてきましたが、実際に自分の口腔内で発生する口臭があるのです。呼気性ガスの可能性があります。自臭は、自分にしかにおいを感じないので、そのことを不快に感じたり他の人ににおいがしないか恐れ、「口臭恐怖症」になる可能性もあります。

口臭がある子供に対して口臭は、自分では分からないものです。子供が他人に「口が臭い」と言われれば自分では気づかないので、精神的ショックを与えたり、口臭が出てないのに口臭があると思い込んでしまう場合があります。子供が口臭を気にしてる場合は、歯医者など治療を受け、その後親が子供とよく話しをしましょう。口臭がしてない時は「今、お口のにおいがないよ」と言ってあげたり、口臭がないことをほめてあげたりしましょう...