MENU
 

欧米と日本との口臭の考え方の違い

 

欧米の文化と日本文化は違いますよね。

 

そのことは、皆さん知ってることだと思います。
口臭の考え方も違うのです。

 

 

アメリカ人は、挨拶でキスをします。
小さいときから、朝起きてキス・出かける時にキス・帰宅したらキス・就寝前にキスといったように挨拶にキスをします。

 

 

ですから、口臭に対しても日本より重視してケアされてます。
日本だったら、近くで口臭するのは当たり前だと言われるでしょう。

 

アメリカでは、会話で口臭がするとマナー違反ともいえます。

 

欧米文化

 

挨拶する時に、キスしたり頬ずりしたりする欧米人。

 

 

欧米人にとって口臭があると、その社会で生きて行くことは非常に難しいです。
これは、大げさではありません。

 

口臭は、誰でも生理的口臭があり、食後なども口臭が出てしまいます。

 

 

どのようにして欧米の人は、口臭を防ぐのでしょうか?

 

アメリカのコンビニに行く「ブレスケアー」用品がたくさん売られてます。
口臭予防というより、口のメイクアップをすると言ったほうがよいでしょう。

 

欧米の人は、口のメイクアップすることが習慣化され当然のことなのです。

 

口臭を無臭に

 

健康的でも、日常生活してたら発生する口臭。
生理的口臭であっても、自らコントロールして無臭にするという口臭文化に早くしたいと思います。

 

先進国の日本として、欧米人に馬鹿にされないような文化を身につけましょう。
欧米人に馬鹿にされたり、日本人はマナーが出来てないと幻滅させないような意識も必要かもしれません。

スポンサーリンク

口臭と国際化社会

 

欧米人の挨拶は、キスをしたり抱擁をします。
もし、日本が今から挨拶をする時は、キスをし抱擁することという決まりが出来たらあなたならどうします?

 

あなたは、口臭が無臭だと自信がありますか?
日本人のほとんどの人は口元から30cm以内の息が・・・臭いのです。

 

私は、日本人だから今のままでいいという考え方もあると思いますが、
これから国際化が進んで、欧米の人と仕事をする機会なんてこともあるかもしれません。

 

 

もしその時、相手に嫌な思いをさせたら・・・・・仕事もうまくいかなくなる可能性もありますよね!
口臭について、もっと考え直したほうがよいのではないでしょうか?

 

日本人の考え方

 

日本では生理的口臭は、誰でもあるものなので気にしないように!という考え方が病院にもあります。

 

生理的口臭は治療をする必要のない口臭であり、これを日本の病院でずっと訴えると、精神的病気として精神病院に行かされます。

 

この考え方は、欧米ではもってのほかです。
欧米では生理的なものも病的と同じように、真性口臭であると感じ、口臭をなくす治療・方法をきちんと教えてくれます。

スポンサーリンク