MENU
 

お茶の飲みすぎは、口臭によくない

 

お茶は、カテキンという成分が殺菌性効果があるので、口臭効果があります。

 

しかし、お茶を飲みすぎると逆に口臭がでるということはご存知ですか?

 

殺菌性効果があるので、あまり飲みすぎると生体組織にも有害なのです。

 

では、お茶を飲みすぎるとどのようなことが起こるのでしょうか?

 

 

お茶の成分テオフィリン・カフェインなどは、交換神経を興奮させる作用があります。
唾液を分泌させるのは、副交感神経です。

 

交換神経を興奮させてしまうと、副交感神経を支配し唾液は逆に分泌が抑制されてしまいます。
口臭予防に必要な唾液が抑制されたら口臭がでてしまいます。

 

口呼吸は人間だけ

 

口呼吸をすれば口臭の原因になります。
口呼吸をちょっと勉強してみましょう。

 

 

口呼吸が出来る哺乳類は、人間だけです。
他の動物には、口呼吸が出来ないのです。

 

人間は、進化の過程の中で口呼吸が出来るようになりました。
人間は、言葉を話し相手との意思疎通を簡単にします。

 

話す時に、呼吸をすることが出来るのが口呼吸です。
ですから、本来生きていくために呼吸する方法ではないのです。

 

口呼吸を生きていくために呼吸をしていくと、口は呼吸器としての具備すべき物をまったく持たないため、様々な健康上の障害を起こす可能性があります。

 

口臭を自分では感じないのは?

 

口臭を自分で感じにくいのは、嗅覚の特性によるものです。

 

 

嗅覚は、一定のレベルで同じにおいのものに対して感覚が麻痺をしてにおいが分からなくなります。
香水をつけたばかりの時はにおいを感じ、その後だんだんにおいが弱まり、最後に分からなくなりますよね?

 

これと同じことなのです。
ですから、口臭は自分ではあまり気づかないのです。

スポンサーリンク

歯磨きの豆知識

 

朝・晩は誰でも歯を磨いてることでしょう。
理由としては、虫歯にならないために磨いてる人がほとんどだと思います。

 

しかし、歯磨きは虫歯予防すなわち口臭予防にも役立ってるのです。

 

 

歯磨きをしだしたのは、明治時代。

 

虫歯予防のために歯磨きをする習慣が出来ました。

 

この時代の歯磨きの仕方は、横磨きでした。
明治時代以前は、歯磨きをする習慣がなかったみたいですが、口の中はどうなってたのでしょうか?
結構 口臭がキツかったのかもしれませんね。

 

虫歯で生命の危機も!

 

不快な口臭の原因は、虫歯・歯周炎です。

 

虫歯ぐらい放っておこうなんて考えてはいけません。
その虫歯から、心臓・目の病気になる可能性があります。

 

 

それは何故かと言いますと、虫歯も歯周病も感性症の病気だからです。
原因になってる細菌が他の器官に伝染して障害を起すことになります。

 

 

これを病巣感染といいます。

 

病巣感染の原因

 

第1位は扁桃炎60%
第2位が歯の病気30%

 

 

胃腸の病気・栄養障害・敗血症・湿疹・神経症・目の病気・角膜炎・心臓の病気・動脈硬化・高血圧など虫歯などからなる可能性の病気があります。

 

 

虫歯・歯周病をあなどってはいけませんね。
口臭で他人に迷惑かけるだけではなく、自分の命にも危険があるのですね。

 

歯に必要な栄養成分

文人の骨格を見ると、あごががっちり発達してたことが分かります。

 

32本の歯もきっちりきれいに並んでいたのでしょう。
これは、繊維質の硬いものを歯で食いちぎり奥歯でよく噛んで食べたからだと思われます。

 

そのため歯垢もあまりなかったのではないかと思われます。

 

 

現代では、食べ物も硬い食べ物が少ないので、あまり噛むことをしなくなり、歯垢をとりにくくしたり歯を悪くする原因になってます。

 

 

歯には、カルシウムが大切だと思われがちですが、それよりも固くて繊維質の物をよく噛んで食べるほうが歯には大切なのです。
歯の健康は、口臭予防になりますので、フランスパン・セロリ・玄米などをよく噛んで食べましょう。

 

日本人の歯の悪さ

 

日本では、第二次世界大戦後から一般的に、歯ブラシに歯磨き粉をつけて歯を磨くことは当たり前の文化になってきました。

 

 

そして、日本では、世界1位歯磨き剤・歯ブラシが出回ってる国です。
すごいですね拍手!

 

 

しかし、世界1位の歯ブラシ・歯磨き剤がある日本の国の歯の状態は最悪です。

 

先進国の中では話になりません。
発展途上国並です。

 

 

80歳ぐらいだと自分の歯は、5本ぐらいしかありません。
虫歯で歯医者に抜かれることが多いのです。

 

がんばって、歯磨き剤・歯ブラシ剤世界1位に恥じないように、歯の状態も世界1位を目指しましょう。

 

歯並びの豆知識

 

歯並びがいい人は、歯がピッタリくっついていてきれいだと思ってる方多くないですか?(実は、私もそう思っていました。)

 

しかし、これは、間違いなのです。
歯並びがいい人は、歯と歯の間にわずかですが隙間があるのです。

 

50ミクロン〜70ミクロン歯と歯の間に隙間があいてるのです。(1ミクロンは1000分の1ミリ)

 

 

このことを霊長類間隙(れいちょうるいかんげき)と言います。
この隙間にも歯垢が溜まるというわけです。

 

舌苔豆知識

舌苔は、口臭の原因になります。

 

この口臭の原因となる舌苔を取るものが江戸時代にありました。

 

「舌かきべら」というものです。(そのまんまですね。)
江戸時代に舌苔を毎日とる習慣もあったようでです。

 

唾液豆知識

 

唾液は、口臭予防に必要なものですが、実際1日どのくらい唾液が出てると思いますか?
1日の分泌量は、成人で約1から1.5リットル、ペットボトル1本分唾液が分泌されてます。

 

嗅覚の不思議

口臭を臭う人で、においに敏感な人と鈍感な人がいます。

 

嗅覚は、人によって感受性が違います。

 

同じにおいでもいい匂いと思う人と臭いと思う人がいます。

 

 

例えば、香水をつけてる女性の匂いは私はいい香りだと思いますが、子供には臭いと感じてしまいます。
嗅覚には、不明な点が多く、まだ、完全に解明されてません。

 

日本人の悪い癖

日本人は、流行した物を使い方をあまり知らなくても、みんながしてるとしてしまう悪い癖があると思います。

 

例えば、キシリトールと言えばみんなキシリトール製品が買い、必要以上にキシリトールを食べて下痢をするなんてことも・・・口腔内の衛生もそうです。

 

 

歯ブラシ・フロスの使い方をあなたは知ってて使ってますか?

 

「使い方ぐらい知ってるよ」と言う声が聞こえてきそうですが、いつ使ってどうやって使うかは実際あまり知られてない方が多いのです。

 

 

意味のない歯磨きの方法やフロスの使いすぎは、逆に歯を悪くして口臭の原因になりますので気をつけましょう。

 

鼻をすする仕草

 

口臭がある方が、勘違いしてしまう相手の仕草に「鼻をすする」があります。

 

通常、口臭がある人と会話をしてる時は我慢をする。

 

知らない人の口臭がある場合は、場所を変えるか息を止めるなどの行動をすると思います。

 

 

鼻をこすりながらすする仕草は、花粉の時期や風邪の時によくする仕草ですが、人の口臭を感じてする仕草ではありません。
相手が目の前で鼻をすすっても気にしないで大丈夫ですよ。

 

口腔外科とは

 

大きな総合病院などに行くと口腔外科があります。

 

口腔外科というから外科に1つかと思われがちですが、実は歯科の1種です。
口腔外科では、歯、口、あごの骨など周囲の組織の病気を治療してます。

 

例えば、・親知らずの抜歯・あごの骨折・細菌やウイルスの感性症・舌や歯肉のガン・口内炎などがあります。

 

心療内科とは

心療内科とは、身体疾患が発症したり経過して、心理的・社会的に密接に関する病気で、心身症を主とする診療科です。

スポンサーリンク